• 水曜日, 10月 23rd, 2013

自分の感情を直接コントロールし良い気分を選択するというのは、テニスのような行為行動を選択するのとは違うし、チェスのような思考行動を選択するのとも違いますね。しかし、たとえ直接感情をコントロールできなくても、感情ばかりか、生理反応の多くも間接的にコントロールできることに気付くようになるかもしれない。あなたが全行動を選択するときに、常に四つの構成要素すべてが関与しているが、直接コントロールできるのは行為と思考だけである。あなたは反論するかもしれない。自分の考えをコントロールできないと思えることがある。頭の中で繰り返し考えていることがやめられない。それに対する反論はこうである。どんなにそれがみじめなものであっても、あなたはその繰り返し考えている思いを選択しているのだと。なぜなら、その考えは、そのときにあなたが選ぶことのできるどんな考えよりも、あなたの人生のある部分をコントロールしているからです。人はいつの時点でも常に最高と思える選択を試みる、という考えは、全行動を理解するのに安易である。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply