• 火曜日, 10月 29th, 2013

最高と思われた選択が必ずしも良い選択ではなかった例を考えてみよう。一人の男性が公園を歩いていた。突然、彼は服を全部脱いで、丈の低いサボテンの繁る区画に飛び込み、ゴロゴロと転がり始めた。見ていた人たちが、とげが刺さって血だらけなった男を引っ張りだした。「どうしてこんなことをしたの」と尋ねると、彼は答えた。「こうするのが、良い考えのように思えたからです」私たちは人生で、サボテンの上を転げるような経験をしているが、自分を傷つけようとしてそうするのではない。飛び込んだときにはいつも、良い考えのように見えたからである。離婚を扱う弁護土は、何度もサボテンの上を転がる人がいるので繁盛している。離婚を繰り返す人は、その都度それが最善のように思えるからである。例えば、ある彼は、妻に去られた辛い思いが頭から消えないと言った。このように繰り返される選択には、自発的セレクション理論から見れば立派な理由があるのです。この場合は妻であったが、理想世界の強力なイメージ写真に関係する知覚を処理するとき、現実にこのイメージ写貞が満足されるように現実世界をコントロールしようとするのです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply