• 月曜日, 11月 04th, 2013

落ち込んでいる、あるいは神経症であることは受け身的である。私たちは犠牲者である。私たちにはそれをコントロールすることができない。病名として名詞や形容詞を使うことは、自分が無力であると信じることを正当化する。あなたは今、白分のしていることを選択しているのだ。しかし、より良いことを選択する能力も持っている。選択であれば、行動に対して責任がある。動詞であるからには、精神病の犠牲者ではない。あなたは自分の良い選択を楽しむか、悪い選択の犠牲者になるかのどちらかである。流感や食中毒にかかったというような意味での、病気なのではない。自発的セレクション理論の世界は弱々しい世界でなく、責任ある世界だ。自分のしていることの責任を逃れるために文法を悪用することはできない。「うつ病」など、精神病を表す名詞と形容詞を使うことは、大勢の人が析しむことなく、何かもっと別のことができるという考えを妨げる。ほとんどいつでも、より良い選択を自由にすることができるということを学べば、自分のみじめさは自分の選択であるという概念は、楽観主義に通じるのです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply