• 日曜日, 10月 20th, 2013

愛を受けることも一つの技能だという指摘は重く胸に響きます。そう言われると自信がなくなってしまいますね。愛を感謝して受けることを学ぶことは、どんな人間関係においても間違いなく有効です。性関係のない愛にも困難はつきものです。家族、特に親と子は、相手が与える以上にもっとたくさん受けることを望みますから。そうして、一方あるいは両方が外的コントロールを実践し、しばしば家族が分裂する。お互いが相手をコントロールしようとするときには、この断絶を防ぐ方法はなくなってしまいます。不幸なことに、家族の間で意見の不一致があったときに、ほとんどの家族が使うのがこの外的コントロールという誤った方法なんですよね。愛の授受にからむ問題を解決するために、賢人が提案することはいつも同じであり、それは外的コントロールをやめて、選択理論と呼ばれるものを実践し始めるということしかないということです。生存の欲求の一部として高等動物である人間は愛を求めるのです。ほとんどの動物は自由を求めるのですね。ほとんとが遊び、学習し、それだけで楽しんでいるようでよね。

Category: 愛の授受
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply